人工知能と知的財産権――人工知能(AI)ソリューションと知的財産(IP)業界に関する見解

December 27th, 2019 ‧ 1 min read
  • 人工知能および知的財産が現在多くの業界を変革している。
  • 人工知能によるビッグデータ分析とワンクリック式ソリューションが既に知的財産の分野に応用されている。
  • 将来、人工知能が持続的に知的財産関連の作業を再構築する可能性が非常に高。
  • 人工知能を受け入れられない人々よりも、人工知能と新たな方法を受け入れられる人々の方が優位である。

人工知能(AI)は間違いなく我々を取り囲む世界を変革し、ほぼ全ての業界に影響を及ぼします。 人工知能は知的財産(IP)の分野に特に影響をもたらしており、 ビッグデータを可視化する作業に応用されています。 一方で、ワンクリック式ソリューションは、過去これまでの数多くの重複作業を改善して、実行可能な情報をリアルタイムに提供します。

人工知能は知財業界において益々重要な役割を果たすことになります。従来の方法に固執せずにこの巨大な変化を受け入れれば、特有の優位性が獲得できます。

人工知能と知的財産の時代において成功を収める方法とは

ここで、人工知能と知的財産に対する見解と観察結果をいくつか共有したいと思います。 この文章を読む知的財産の専門家がさらに容易に作業において成功を収める(人に後れを取ることではなく)ことができるよう、とりわけ人工知能が知的財産業界を変革している重要な項目を五つ述べたいと思います。

1. 人工知能の時代において、データの品質が極めて重要。

率直に言えば、これまでの知的財産業界において、ごく一部の人しかデータ品質の重要性を理解して、これを知的財産業務の基礎とすることができませんでした。

しかし、今、知的財産の専門家はデータ品質の重要性に気づき始めました。 最も主要な機関 IP5 )からデータを取得するだけでなく、データの整備やクレンジングも行う必要があります。これにより、矛盾するデータ、不正確なデータを取り除くことができます。つまり、高品質のデータがなければ、ビジネス上での最高品質の意思決定ができません。

知的財産分野における人工知能の影響が拡大することに伴い、専門家は自身が使用するツールと特許データプラットフォームが、高品質な特許データを備えているのか確認する必要があります。

2. 従来の特許検索はその重要性が失われている。

あの「古き良き」時代を覚えていますか。 以前は、全ての知的財産の専門家が複雑な検索項目、キーワードやブール演算子を学ばなければならず、 検索者は、何度も特許検索を繰り返さなければなりませんでした。

しかし今や人工知能の時代において、人工知能によるソリューションは益々重要な役割を担うようになってきました。 例えば Quality Insights (QI) やDue Diligence (DD)のようなワンクリック式ソリューションは、特許検索者に必要な全てのデータを収集して集約できます。

当然ながら、現在において人工知能ソリューションが完全に従来の特許検索に替わると断言するのはまだ早いですが、 明らかに人工知能ソリューションは新たな時代を迎えており、以前に比べて、必要な情報を直ぐに入手できるようになっています。即ち、「必要な時に必要なものが得られます」。

3. 人工知能と知的財産を結びつけることで、知的財産の専門家はより戦略に専念できる(同時に検索時間も短縮される)。

上述のように、人工知能ソリューションを用いることで、知的財産の専門家は容易に特許検索と従来の特許作業を行うことができます。 つまり、時間を節約して、分析作業に専念できるとともに、実用的なインサイトを導き出して、効果的な戦略を立てることができます。

これらインサイトと戦略は管理職またはクライアント間で共有できるため、目標達成を手助けする大きな鍵となります。

人工知能とワンクリック式ソリューションの発展に伴い、知的財産の専門家の役割も業界の業務と知識をより熟知したコンサルタントへと変わりつつあります。データに裏付けされたインサイトを導き出して、より最適化された業務戦略を立てることができます。

4. 人工知能ソリューションから、全ての利害関係者が同じ知的財産データにアクセス可能。

かつて同じ組織内の大多数のクライアントとスタッフはデータを簡単に得ることはできず、 少数人のレポートや意見に頼っていました。
しかし今は違います。人工知能ソリューションを通して、知的財産の従業者とそのクライアント、社長、企業等を含む全ての利害関係者が同じデータを入手できるようになりました。

即ち、人工知能は知的財産と連携して共に前進しており、組織中の全ての人が、作業のどの過程においても特許データが得られるようになりました。つまり、最終レポートができるのを待ってから情報を得るという受け身な状態から脱却できるようになったのです。

人工知能ソリューションを使用し、知的財産データを即時に取得できる知的財産の専門家を採用することで、さらに容易に他企業の利害関係者と交流できるとともに、より強固で効率的な仕事関係を築くことが可能になります。

5. 人工知能と知的財産ソリューションは、組織間をより透明化し、データのアクセシビリティもさらに高くして、効率的なチームワークを促進する。

過去にクライアント、社長または企業は、作業のある段階(一般的には最終段階)でのみしか知的財産データを取得できませんでした。

しかし今は人工知能ソリューションにより、利害関係者は作業の全ての過程において何時でも知的財産データを取得できるようになりました。

また、特許作業スペース(例えばPatent Vault)では、より明確な戦略を立てることができるよう異なる意見を収集して、その他のプロジェクトメンバーと共有します。

新たな人工知能ソリューションは、閉鎖された作業モデルから脱却させてくれました。 これらソリューションはチーム間ひいては組織間を超える機能を提供して効率的な交流をもたらし、より素晴らしいチームワークとより賢明な戦略を導き出します。

以上は人工知能が知的財産業界と従来の知的財産作業にもたらした変化の一部に過ぎません。

我々は、人工知能ソリューションを通して知的財産の専門家がより効率的に作業でき、より良い成果が得られることを信じています。 同時に、この種の新たな方法を受け入れられない人々は、時代遅れとなり淘汰されるリスクに直面します。

現在、我々は未だ人工知能革命の早期階段にあります。 しかし間違いなく人工知能は現在我々を取り囲む世界を変えています。InQuartikは人工知能によるソリューションの利用を牽引して、知的財産業界を変革します。

The IP world moves fast

Subscribe to receive the latest insights right in your inbox.

By submitting your contact information, you understand and agree to our GDPR, Terms of Service and Privacy Policy